マスクによる肌荒れ

新型コロナウイルスの感染予防の為に、マスクを1日中着けている方も多いのではないでしょうか?口や鼻の周りのお肌の調子は大丈夫ですか?

表情や会話によりお肌とマスクが擦れると、物理的刺激が起き、角層のバリア状態が悪化することがあります。また、マスクを長時間着けることで、マスク内の蒸れも刺激のひとつになって、お肌トラブルに引き起こす原因になることもあります。

擦れにより角層が厚くなると、毛穴が詰まってしまい、皮脂が溜まります。ニキビ菌として有名なアクネ菌は、日頃は皮膚を守ってくれる大切な菌です。しかし好脂性・嫌気性菌なので、皮脂が過剰に分泌されると異常増殖し、炎症を起こしてニキビが出来てしまいます。

擦れによって、普段なら刺激にならない物質でも炎症になることがあります。そして赤みや痒み、小さなブツブツが発生する湿疹となり、さらにマスクの蒸れで湿疹が悪化という悪循環になってしまいます。

次回、マスクを外した後のケア方法をご紹介します。

関連記事

  1. 日焼けケア

  2. お肌の変化⑤

  3. お肌の老化(酸化2)

  4. お肌の炎症

  5. 揺らぎ肌

  6. オリジナルブランド化粧品を作りたい方へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。