Whirice Main Active ingredientホワイリスに含まれる主な有効成分

美白イメージ

ホワイリスに含まれる有効成分

Whirice-ホワイリス-はシミの出来るメカニズムのすべての段階に働きかけることで、今あるシミを排出し、これからのシミも作らせない強い美肌を育てるスペシャルスキンケアシリーズです。

ボナデアの化粧品開発コンセプトである、できうる限り肌に負担をかける成分を配合しないという方針はそのままにDAISY化粧品にも配合しているエイジングの原因である炎症からアプローチした成分を始め、ブルーライトのエネルギーを利用したDNAのダメージ修復機能をサポートする成分など新しいテクノロジーにより注目されている成分をふんだんに配合しました。

シミの発生を防ぐ

スピルリナマキシマエキス

スピルリナスピルリナ@NEON ja(CC 表示-継承 3.0)

スピルリナより抽出したフォトリアーゼCPDとフィコシアニンを有効成分としたエキスです。

フォトリアーゼCPDは300~500nmの光で活性化するDNAの修復酵素で、人が持つ修復機構の10~100倍のスピードがあります。フォトリアーゼCPDが反応する光にはLED照明に代表されるブルーライトとUV-Aがあります。

紫外線とブルーライト

フィコシアニンは強力な抗酸化物質で光から細胞を守る効果があります。

サッカロミセス/ムラサキ根脂発酵液

サッカロミセス/ムラサキ根脂発酵液イメージ写真

紫根から抽出した油を酵母で発酵させた油剤できれいなピンク色をしていて肌色をきれいに見せます。

発酵により遊離脂肪酸が豊富に含まれ肌のバリア機能をアップさせる効果があります。

紫外線防御

t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン

カプセル化された紫外線吸収剤です。主にUV-Aを吸収します。カプセルは非常に強固でまず壊れることはありません。そのため肌に悪影響のある紫外線吸収剤が肌に触れることがない安全性の高い原料です。

メトキシケイヒ酸エチルヘキシル

カプセル化された紫外線吸収剤です。主にUV-Bを吸収します。カプセルは非常に強固でまず壊れることはありません。そのため肌に悪影響のある紫外線吸収剤が肌に触れることがない安全性の高い原料です。

スサビノリエキス

スサビノリスサビノリ@Anonymous Powered(CC 表示-継承 3.0)

食用として日本でも広く食べられているアマノリの1種で、UV-Aを吸収するポルフェラ334を含む海藻のエキスです。紫外線による紅斑を防ぐ効果に優れています。

 

抗炎症

ラミナリアオクロロイカエキス

黄金海藻と呼ばれるフランス・ブルターニュ地方の海藻から抽出された油溶性のエキスです。

紫外線による炎症を鎮め日焼けでダメージを負った細胞を減少させるほか、DNA保護作用もあります。更にビタミンA、E、ホスファチジルコリン、脂肪酸、α-リポ酸を含んでいるためバリア機能を強化させる効果もあります。

厳選された7つの植物エキス

チャ葉エキス、ツボクサエキス、カンゾウ根エキス、カミツレ花エキス、イタドリ根エキス、ローズマリー葉エキス、オウゴン根エキス

チャ葉エキス、ツボクサエキス、カンゾウ根エキス、カミツレ花エキス、イタドリ根エキス、ローズマリー葉エキス、オウゴン根エキスの7種の植物エキスを抗炎症の観点より最適の比率でブレンドされた混合ハーブです。

相乗効果によりそれぞれ単独での効果を大きく上回る抗炎症効果を発揮します。

 

抗酸化

アプレシエ(APPS)

親水性と脂溶性の両方の性質を有するビタミンC誘導体です。皮膚浸透性が高く、肌深部までビタミンCを効率よく供給します。そのため従来のビタミンC誘導体よりも活性酸素除去、コラーゲン合成促進、メラニンの蓄積阻害に高い効果を発揮します。

バクチオール

アーユルヴェーダで使用されていたバブチ種子から精製された成分でレチノールと同等の効果があると注目の成分です。レチノールのような皮膚刺激性がなく安定性も高い成分のため第二のレチノールとも呼ばれています。

レチノールのようにシワ改善効果はもちろん、抗酸化力も高くニキビや吹き出物にも効果があります。ホワイリスにはナノカプセル化して肌の浸透性を高めた原料を使用しています。

 

メラニン生成シグナルの伝達阻害

エバーセルホワイト

チロシンをアセチル化したものとボタンエキス、クズ根エキスの3種からなる美白に特化した混合抽出液です。

ボタンエキスには抗炎症作用とメラニン生成シグナルの産生を阻害する作用があります。またクズ根エキスにはチロシナーゼが活性化するのを阻害する効果があり、アセチルチロシンにはチロシンをメラニンにさせない(拮抗阻害)ほか、メラニンの重合阻害作用がありメラノサイトの活性化や色素沈着を防ぎます。

 

チロシナーゼの活性阻害

グラブリジン

グラブリジン

無農薬栽培した甘草の根より抽出したエキスです。 日本特許取得により作られた原料で、グラブリジンを90%以上含有しています。

メラニン生成に関わる酵素であるチロシナーゼの働きを阻害し、メラニンの生成を抑制する働きがあります。DAISY化粧品にも配合している成分で、グラブリジンをナノカプセル化し肌浸透性を大幅にアップしました。

サッカロミセス/ムレスズメ根発酵エキス

サッカロミセス/ムレスズメ根発酵エキスのイメージ写真ムレスズメ@Dalgial(CC-表示-継承-3.0)

ムレスズメの根はサポニンをはじめとする抗炎症成分を含むため韓国の伝統ハーブとして知られています。ムレスズメの根から抽出したエキスを韓国の伝統的発酵技術を用いた発酵により有効成分がより肌に浸透しやすいサイズに分解しています。また、この発酵技術により強い抗酸化力を持つレスベラトロールを従来の含有量の1.5倍に増量し、抗酸化力とメラニン形成阻害効果を高めました。

β-アルブチンと比較した美白試験で2倍の効果が確認されています。

 

メラニン色素の重合阻害

ロツスジャポニクス根粒エキス

ロツスジャポニクス根粒エキスのイメージ写真

ロツスジャポニクスは和名をミヤコグサといい、この根より抽出されたエキスはチロシナーゼの合成を阻害する効果があります。

3-O-エチルアスコルビン酸

ビタミンCにエチル基をふかした水溶性の誘導体です。従来のビタミンC誘導体は肌に吸収後酵素に分解されないとビタミンCの効果が発揮されないのですが、この3-O-エチルアスコルビン酸はそのままで効果が発揮されるため即効性が期待できます。

チロシナーゼ活性阻害だけでなくメラニンの重合を抑制する効果もあります。

 

メラニンの表皮細胞への受け渡し阻害

ワイルドタイムエキス

ワイルドタイム

ヨーロッパや北西アジアが原産のシソ科の多年草です。 葉や茎から取り出した液をエタノールなどで抽出したエキスです。

メラニンを表皮細胞へ送るには、メラノソーム(メラニンの充満した袋)をメラノサイトの端まで輸送しなくてはならないのですが、その輸送に関わるタンパク質の働きを抑えることでメラノソームをメラノサイト内に留める働きがあります。

プルーン分解物

プルーン分解物のイメージ写真

プルーンの果肉を酵素分解した成分です。

メラノサイトでつくられたメラノソーム(メラニンの充満した袋)を表皮細胞へ受けた渡すのを阻害する作用があります。

 

ターンオーバーの促進

乳酸桿菌/ハス種子発酵液

ハス種子

ハスの種子から抽出し、植物性乳酸菌で発酵させた成分です。細胞の賦活化効果により表皮細胞のターンオーバーを促進する作用があります。

 

 

  1. 2024.02.18

    肌の透明感

  2. 2024.02.10

    眉カラーで迷ったら

  3. 2024.01.28

    いつでも潤いのある唇を

  4. 2024.01.20

    花粉症と肌荒れ

  5. 2024.01.11

    冬に気持ちよく眠るために

  1. 2024.02.18

    肌の透明感

  2. 2024.02.10

    眉カラーで迷ったら

  3. 2024.01.28

    いつでも潤いのある唇を

  4. 2024.01.20

    花粉症と肌荒れ

  5. 2024.01.11

    冬に気持ちよく眠るために