WrinleEraser Freeze-drying methodフリーズドライ製法

フリーズドライ製法

年齢を重ねた女性にとって美肌を保つための効果性は化粧品を選ぶうえで大きなポイントとなります。

美肌のために使うのに、化粧品の品質を保つための防腐剤や安定剤などの添加物が肌にダメージを与えてしまい、それが肌トラブルの原因になってしまうことが化粧品を企画する上で長年の課題でした。

化粧品成分をいつでも新鮮な状態で、しかも高濃度で配合する事ができるフリーズドライ製法に出会ったことでその課題を乗り越えることができました。

3つのメリット

化粧品にフリーズドライ製法を取り入れる場合に3つのメリットがあります。

「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(医薬品医療機器等法)」の規定により、化粧品は、適切な保存条件のもとで3年を超えて性状及び品質が変化するおそれのある化粧品は使用の期限を記載しなければならないと定められています。

つまり、使用期限の書かれていない化粧品はすべて3年間は使用できるだけの劣化を防ぐための防腐剤や安定剤等の添加物が必ず使われているということになります。

液体の状態では長期保存ができないために防腐剤を使わざるを得なかったのが、フリーズドライにすることで腐敗や劣化をすることなく長期保存できるため防腐剤を使わない化粧品を作ることができるのです。

リンクルイレイザーは使用直前に混ぜて液体の状態にして使うため、混ぜたあとの使用期限は1か月と定めています。

化粧品成分は液体の状態で防腐剤や添加物に触れていると、本来の活性がどんどん失われてしまいます。フリーズドライの状態にすることで不要な添加物に触れることがないので活性が失われたり酸化による変性を防ぐことができます。

つまり、いつまでも新鮮な状態の美容液が使えるのです。

フリーズドライによって化粧品成分を粉末にすることで、混ぜて溶かす際に一般的な濃度よりも濃い美容液を作ることが可能となります。

  1. 2024.02.18

    肌の透明感

  2. 2024.02.10

    眉カラーで迷ったら

  3. 2024.01.28

    いつでも潤いのある唇を

  4. 2024.01.20

    花粉症と肌荒れ

  5. 2024.01.11

    冬に気持ちよく眠るために

  1. 2024.02.18

    肌の透明感

  2. 2024.02.10

    眉カラーで迷ったら

  3. 2024.01.28

    いつでも潤いのある唇を

  4. 2024.01.20

    花粉症と肌荒れ

  5. 2024.01.11

    冬に気持ちよく眠るために