顔のたるみについて調べてみました。

年齢を重ねると気になってくるお顔のたるみ。

年齢別に気になるたるみの箇所とその原因を調べてみました。

たるみの箇所と原因
30代
30代に入ると、肌のコラーゲンやエラスチンの減少が始まり、肌の弾力性が失われることがあります。この時期のたるみの主な箇所は目元と口元です。紫外線、喫煙、食生活の乱れなどが原因です。

40代
40代になると、頬や顎のたるみが目立ってきます。肌の新陳代謝が遅くなり、コラーゲンの減少が進行します。加えて、表情筋の弱化も影響します。

50代
50代になると、全体的なたるみが気になります。皮膚の弾力性が極端に低下し、ほうれい線やたるんだ顔の輪郭が目立ちます。また、骨格の変化もたるみに影響を与えます。

肌力は年代によって変わってくるため、たるみの出てくる箇所や原因もそれぞれです。

なので、たるみのケアについても年代によって少しずつ変わってきます。

年代別のたるみケア

30代
日常的なスキンケアが大切です。保湿、紫外線対策、適度なエクササイズがおすすめです。
ビタミンCやレチノールを含む美容成分を含む製品を使って、肌の新陳代謝を促進しましょう。


40代
フェイシャルマッサージやフェイシャルエクササイズを取り入れることで、表情筋を鍛えましょう。
ヒアルロン酸やペプチドを含むスキンケア製品を使用して、肌の弾力性をサポートします。


50代
タイトニング効果のある美容機器や美容マッサージを試してみましょう。
ヒアルロン酸注射やボトックスなどのプロの治療を検討することも一つの選択肢です。


お肌のたるみは実は筋肉とも深くかかわってきています。

ですので同じ年代の方でもお顔の筋肉の衰え具合によっては大きく差が出てしまいます。

表情筋の衰え: 

顔には表情筋と呼ばれる筋肉があり、笑顔や驚き、怒りなどの表情を作り出します。年齢とともにこれらの筋肉が弱くなると、表情が平らになり、しわやたるみが目立つようになります。表情筋を鍛えるエクササイズやフェイシャルマッサージは、筋肉の強化に役立ちます。

咀嚼筋の衰え: 

咀嚼筋は顔の中で最も大きな筋肉の一つであり、顔の輪郭を支える役割があります。歳を取ると、この筋肉も衰えることがあり、顔のたるみが進行します。咀嚼を意識的に行うことや、硬い食べ物を食べることでこの筋肉を鍛えることができます。

重力の影響: 重力は顔にも影響を与えます。特に、顔の皮膚と筋肉は年齢とともにたるみやすくなります。首や顎の筋肉のトレーニングは、このたるみに対抗するのに役立ちます。

姿勢の影響: 

姿勢が悪いと、顔の筋肉に余分な負担がかかり、たるみを引き起こすことがあります。良い姿勢を保つことは、たるみ対策にも重要です。

顔のたるみに対抗するために、フェイシャルエクササイズやフェイシャルマッサージを日常的に行うことがおすすめです。

また、バランスの取れた食事、適度な運動、日常的なスキンケアも重要です。

プロの美容家やエステティシャンからアドバイスを受けることも、たるみ対策に役立つでしょう。

筋肉の衰えを防ぎ、顔の輪郭を引き締めることで、若々しい肌を維持できます。

  1. 2024.02.18

    肌の透明感

  2. 2024.02.10

    眉カラーで迷ったら

  3. 2024.01.28

    いつでも潤いのある唇を

  4. 2024.01.20

    花粉症と肌荒れ

  5. 2024.01.11

    冬に気持ちよく眠るために