花粉と肌荒れ

3月も中旬を過ぎ、全国的に花粉飛散のピークを迎えています。

私は花粉症ではないのですが、それでも春先は急にくしゃみが出たりすることもあるので花粉症でお悩みの方にとってはつらい季節ですよね。

花粉症だと目がかゆかったり鼻をかんだりして目や鼻の下がかぶれてしまう方もいますが、実はそういう直接的な摩擦がなくても肌が荒れてしまうことがあります。

「花粉皮膚炎」

と呼ばれるこの皮膚炎は、花粉症の症状が出ていない人でも起こりうる皮膚炎です。

おもな症状は「皮膚のかゆみ」「赤み」「湿疹」

花粉の季節にだけ症状がでて、特に花粉症の症状もないことから病院での検査をして初めて花粉皮膚炎であることが分かるケースが少なくないようです。

冬に乾燥してお肌の水分が不足した状態のお肌はバリア機能が低下している状態となっています。

そんな時に大量の花粉にふれると少しの刺激で皮膚が炎症を起こしてしまうことがありmこれが花粉皮膚炎として症状が出てしまうのです。

花粉皮膚炎を防ぐには肌のバリア機能を正常に保つことが大事ですので、冬の間からしっかりと保湿をして肌のバリア機能を高めておきましょう。

花粉皮膚炎は文字通り皮膚の炎症からくる諸症状を指すのですが、この「炎症」は実は肌の老化にも大きくかかわっています。

ボナデアでは、肌細胞が刺激により炎症を起こすことで起こる活性酸素の発生や酸化、糖化を引き起こし肌細胞を傷つけることで正常なターンオーバーを妨げ、肌老化を引き起こすと考えています。

そのため、すべてのアイテムについて「抗炎症」からアプローチした商品開発を進めています。

いわゆる皮膚炎といった痒み痛みを伴う自覚症状もなく目に見えない細胞レベルで炎症が私達の肌を少しずつ老化へ導いているなんて考えただけで憂鬱になりますよね。

それでも日々のテクノロジーの進歩はすごいスピードで進んでいて、毎年のように新しい有効成分が登場しています。

次に発売する商品も少し前では実現が難しかったことが実現できるようになった技術を使っています。

近々発表できると思いますので楽しみにしていてくださいね。

  1. 2024.06.13

    梅雨の時期のスキンケア

  2. 2024.05.12

    雨の日の紫外線対策

  3. 2024.05.01

    素足を美しく保つために

  4. 2024.04.19

    美肌のための睡眠

  5. 2024.03.03

    春のスキンケアルーティン